メインバンクをインターネット専業金融機関に変える方増加

事業承継と相続税の関係 その5

相続税の負担を考えれば事業承継をすることはとても大切なことになってきます。土地の相続税評価額を80%(不動産業の場合、50%)も減額できるからです。この優遇制度を『小規模宅地等の特例』と言います。適用要件があり、それを満たせば減額を受けることが出来るのですが、1点注意してもらいたいことがあります。それは限度面積要件です。ここに掲載されている事業承継 税理士ご一報を!
限度面積要件とは、その名の通り、この制度の適用を受けられる面積に限度を設けたものです。どんな土地でも適用を受けられるとすると、巨大な土地であった場合、減額金額が大きくなりすぎます。そのため、適用を受けられる面積に限度を設け、その面積まで減額を受けられることにしているのです。評判のいい事業承継 税金が得意なエキスパートに頼んでみましょう。
不動産業以外の事業の場合は400平方メートル、不動産業の場合は200平方メートルが限度となります。これは事業に関係なく一律に決められています。一般的に大きな面積を必要とする事業であっても、特にそのことを考慮してもらえることはないので注意して下さい。
このサイトで評判の事業承継にて補助します。