www.mystolenhome.com

カラコンを使う時は初心に帰って

コンタクトレンズに慣れている人は、鏡を使わなくてもカラコンを目に入れることができるかもしれません。ですがやっぱり基本的にはきちんと鏡を見て、安全を確認しながらカラコンを装着するべきです。
コンタクトレンズの着用をする時は、まず手を綺麗に洗ってから片方の手の指先にレンズを乗せ、レンズを装着したい方の目の上下の瞼をもう片方の手で軽く広げます。その状態でそっとレンズを眼球に乗せるのですが、慣れていないと鏡を見ていても上手にできないものです。ただし、慣れてしまうと鏡を使わなくても一瞬でレンズを乗せることができるようになります。知りたいことはここ→乱視用 カラコンを見て。

 

 

カラコンの造りも通常のコンタクトレンズと同じです。使い方も同じなので、慣れている人にとってはいちいち鏡を見ることが面倒に感じるかもしれません。ですが、過信は良くありません。うっかり指先に力が入ってしまい、カラコンを目に押し付けてしまう可能性もあります。
カラコンを使う際にはコンタクトレンズ利用者の初心に帰り、正しい手順でレンズを付けるようにしましょう。